奨学金の返済遅延はキャッシング契約で大きなダメージ!

今の世の中、多くの方が奨学金を借り入れ、進学されるケースが少なくはありません。
親世代の収入が少ない、または不安定という場合、仕送りに頼れないのが実情です。しかし、新社会人になり現金が必要となる場合、奨学金の返済は3ヶ月以上延滞しないことが重要になります。
日本学生支援機構では、個人信用情報機関として全国銀行個人信用情報センターの登録会員となっており、金利の低いカードローンの審査を通過出来ないという致命的な問題となります。

また、全国銀行個人信用情報センターの情報は、他2機関すなわち株式会社日本信用情報機構および株式会社シー・アイ・シーと情報共有が行われており、消費者金融のカードローンや信販会社系カードローンも契約出来ないといった事態になってしまいます。

もし、クレジットカードや携帯料金の支払遅延を生じさせていないもの関わらず、審査落ちしてしまったという場合は個人信用情報の開示請求を行うことが重要になります。
また、延滞情報の削除期間は、最大5年間となっているため、その期間はカードローンやフリーローンの審査通過は困難となってしまうため、奨学金を借り入れしている方はキャッシング契約前にしっかりと注意を払うことが重要になります。