奨学金の返済遅延はキャッシング契約で大きなダメージ!

今の世の中、多くの方が奨学金を借り入れ、進学されるケースが少なくはありません。
親世代の収入が少ない、または不安定という場合、仕送りに頼れないのが実情です。しかし、新社会人になり現金が必要となる場合、奨学金の返済は3ヶ月以上延滞しないことが重要になります。
日本学生支援機構では、個人信用情報機関として全国銀行個人信用情報センターの登録会員となっており、金利の低いカードローンの審査を通過出来ないという致命的な問題となります。

また、全国銀行個人信用情報センターの情報は、他2機関すなわち株式会社日本信用情報機構および株式会社シー・アイ・シーと情報共有が行われており、消費者金融のカードローンや信販会社系カードローンも契約出来ないといった事態になってしまいます。

もし、クレジットカードや携帯料金の支払遅延を生じさせていないもの関わらず、審査落ちしてしまったという場合は個人信用情報の開示請求を行うことが重要になります。
また、延滞情報の削除期間は、最大5年間となっているため、その期間はカードローンやフリーローンの審査通過は困難となってしまうため、奨学金を借り入れしている方はキャッシング契約前にしっかりと注意を払うことが重要になります。

とにかく早めに!キャッシング返済のコツ

簡単にそして便利に借りられるのキャッシングの魅力ですが、気軽に利用できるからといって返済をおろそかにしてはいけません。簡単に利用できるといってもキャッシングが借金であることは事実です。借りたお金はきちんと返すという意識と自覚をしっかり持っておかないとあっという間に返済に追われる羽目になってしまいます。手元の現金に浮かれることなく計画的に返済することが重要です。

キャッシングの借入金には返済期限が設定されています。期限までに返せばいいのは事実ですが、期限ぎりぎりまで返済を遅らせる必要はありません。キャッシングは早期に返済すればするほど金利負担が小さくなるのですから、返済できる余裕ができたらどんどん前倒しで返済を進めてしまいましょう。

まだ期限までに余裕があるからといってズルズル先延ばしにしてしまうと、借金総額が膨らんでしまうだけでなく返済不能になる可能性も高くなってしまいます。特に手元にお金がある時が大きくなって使ってしまうクセのある方は、とにかく早めの返済を心がけてください。

業者によっては毎月の最低返済額が設定されていることがありますが、最低返済額だけ返済しているようでは計画的とは言えません。計画的な返済とは、収入の中から生活に必要な資金を確保しつつ出来るだけ多くの金額を返済に回すことです。趣味や浪費に使うお金があるのなら返済に回すのが鉄則です。