近年、無人契約機の名前が機械っぽくなった理由

無人契約機が爆発的にできてきた時期には色々とユニークなネーミングができていました。

ですが、近年ではそういった動きはなく、銀行も消費者金融も機械的なネーミングが多いです。

これに関しては理由があり、敢えて機械的にすることによって脱消費者金融的なことにしたのであると思われます。

これを聞くとなんだかおかしいような感じがしますが、かつての消費者金融のネーミングはCMが解禁されたことなどによりかなり強烈に

消費者金融というものがわかるものでした。 ですが、昔からのイメージの悪さもあったことや近年のイメージ戦略などから

かつてのイメージから脱却するために、現代となっては敢えて機械的な言葉を使って昔のようなイメージから距離を取っているといえるのです。

キャッシングを利用する際の本人確認

キャッシングを利用する際に必ず必要になる必要書類があります。それがが本人確認です。
本人確認とは氏名、現住所が記載された運転免許書、パスポート、健康保険証などのことです。

もし本人確認書類に記載された住所と現住所が違う場合には別の書類を提出する必要があります。

発行から6か月以内の国税または地方税の領収書、請求書、納税証明書または公共料金の領収書、請求書または住民票などが必要です。

この本人確認書類の提出方法ですが、3通りの方法があります。

インターネットで契約される方はカメラなどで本人確認書類を画像化したうえで送信します。
また郵送することもできます。

店頭窓口、無人契約機で契約する方は本人確認書類を持って行くだけで大丈夫です。

インターネット、店頭で無人契約機でといずれの方法で契約する際にも本人確認書類が必要になることを覚えておきましょう。
キャッシングを利用する時にはまず本人確認書類を用意しましょう。