増額の申し込みってどうやるの?

キャッシングを利用中限度額いっぱいまで利用してしまったり、買い物をして一括で支払いたいときなど、他のカードを作るよりは今もっているカードの利用枠を増額したいと思うときはよくあると思います。

基本的にはどのカードも増額の申し込みはできます。ただ誰でも申し込んだからと言って増額融資を受けれるわけではありません。

増額を受けるためにはある程度の準備が必要です。まず始めにカード利用直後は増額はできないと思ってください。

ある程度利用して、返済してというのを1年くらい続け信頼を得なければなりません。

利用直後すぐに増額をする人は使い方が荒く、今後返済をちゃんとしてもらえるか信用がまだない為です。

そして、返済の遅れは決してしてはいけません。少額でもコツコツ支払い遅れないことによって信頼が増します。

これらのことを踏まえ増額の希望を申し込んでみてください。

ただ消費者金融は年収の3分の1以上は借り入れができないので、自分が該当しないかあらかじめ確認し、もし申し込み時よりも給料および年収がアップしているのであればその旨を伝えると増額してもらえる可能性も高くなります。

それでも断られる方は諦めてください。

むやみやたらに申し込むと、本当にお金に困っていると思われ尚希望が通らなくなるので一度駄目でしたしばらく期間を置き、より信頼をしてもらえるような使い方をしてから再チャレンジしてください。

キャッシングは審査が大事になります

キャッシングとは、審査がまずは何より大事になります。それは見られるところがはっきりとしています。それがまずは収入になります。総量規制がありますからキャッシングは収入がないと貸すことができないのです。審査というのは、どのくらい貸すことができるのか、そもそもどのくらいの収入があるのか、本当に勤めているのか、という確認もされることになります。こうしたことがありますから、キャッシングサービスというのはなかなか時間がかかることになります。しかし、最近では即日融資をしてくれることになるでしょう。

ですが、これはしっかりと提出する書類があれば、という話になります。キャッシングではお金を借りることができるわけですが、それには融資可能額というのがあります。つまりは、最初に貴方にはこのくらい貸すことができますよ、ということが打診されるわけです。その後、その金額までならば貸してくれることになります。しかし、これはずっというわけではないのです。途中で審査によって減額されることもあります。或いはもっと貸すことができるようになりました、ということを言われることもあるでしょう。キャッシングとはこのようなサービスになっています。

カードローンの状況

キャッシング手段というとカードローンかあります。銀行やコンビニのATMコーナーですぐに現金の借り入れが、できる方法です。いわゆるキャッシングと呼ばれるものです。

キャッシングには、大きく消費者金融から借りるケースと銀行から借りるケースがあります。キャッシングというと消費者金融系ローンが思いつくかもしれませんが、銀行のキャッシュカードでも借り入れが可能です。但し、借り入れをする時には事前に審査を受けて合格しておく必要があります。

審査には身元を証明する物を提出しなければなりませんが、これをしておくことで、必要な時にキャッシングが可能になるので、便利です。しかし、現金を借りるわけですから、無尽蔵に使えるわけではありません。個人の収入実態に合わせて利用限度額が設定されるので、この範囲内での利用となります。

また、返済についても借りる金額により月々の返済額が決まってきますので、このことも十分に理解しておかなければなりません。このようなことを知ることにより、自分の借入計画をたてていかなければ後々の返済に苦労することになりますので、計画的な利用を意識しておいて欲しいのです。

キャッシングは、銀行の融資よりは手続きが簡単ですが、金利が高めに設定されているので、早め早めの返済額が重要になってくるのです。