キャッシングの審査のときに過去の事故情報は信用情報機関で確実に分かる

キャッシングの審査においては信用情報機関に問い合わせて、本人の情報をチェックしますが、信用情報機関というのは、実は1つじゃなくて複数あります。だから、自分がどの信用情報機関に登録されているか?利用するキャッシング会社がどの信用情報機関に加盟しているか?というのが、1つ重要になります。審査においてチェックされるのは加盟しているところのみなので、たまたま自分が登録されていないところに加盟していたら、過去の事故情報などはバレないのか?と思うかもしれません。

しかし、そう都合のいいようにはなっていないのです。信用情報機関は複数あったとしても、どの信用情報機関にも登録されてしまう情報というのが一部あるので、それだけはキャッシング会社がどこに加盟をしていても、バレることになるのです。その中には過去の事故情報も含まれており、それを審査のときに知られないで済むということは通常は難しいと思った方が良いのです。当然、事故情報はキャッシングの審査のときにかなりかかわってきますし、どこの会社が調べても分かるので、そういう信頼を損ねる利用の仕方はできるだけ避けるようにしましょう。