キャッシングの限度額について

消費者金融会社が行っているキャッシングというサービスではお金を借りることができるのですが、当然ながら無制限に借りられるというわけではなく、「限度額」というものがあります。キャッシングの限度額については、法律・審査によって定められています。また、限度額はふつうの消費者金融会社と銀行カードローンでも違いがあります。

ふつうの消費者金融会社は「総量規制」というものがありますが、銀行カードローンには対象外であり、これがありません。「総量規制」というものは、年収の3分の1以上は貸すことができないという規制です。この点で、近頃は銀行系のカードローンも増えているのでそちらのほうが利点となるでしょう。

また、限度額は優良な返済実績を積んでいたり所得証明書を出して交渉すると増やせることがあります。キャッシングの限度額というものは、個人の毎月の収入や過去の借り入れ情報といった、「信用情報」によって違いがあるということです。キャッシング会社というものも商売ですので、収入の少ない人や過去の返済に問題があった人などに大金を貸すことはできないからです。逆に言えば、毎月の収入が多く過去にキャッシングの返済で問題がなかった人などは、金融機関が審査してかなりの金額を借りることもできるということです。

学生でもキャッシングをすることは可能なのか

キャッシングのサービスを提供している金融業者はほとんどがキャッシングの申込資格に「20歳以上で安定した収入がある」ことを求めています。

安定した収入については色々議論が別れるところなのですが、20歳以上という申込資格については疑問の余地はなく、20歳に満たない学生はキャッシングを利用することはできません。

安定した収入については、アルバイトなどで定期的に収入がある場合にはほとんどが安定した収入として認められることが多いですから、20歳以上でアルバイト収入があればキャッシングを利用することは可能です。

しかし、学生の場合には社会的な信用度もあまりないことから、キャッシングを利用できたところで利用限度はかなり安く設定されることが普通です。

質屋とキャッシングの利用期間の違いについて

質屋とキャッシングでは、利用期間に基本的な違いがあります。
まずキャッシングというのは原則的には利用期間に制限はありません。 返済には最長で何年というようなものありますが、年齢制限にひかっかったりなど市内限りは基本的に解約といったことがない限りはいつでも使っていけるものであります。

一方で質屋さんは借入を行ったら原則で3ヶ月以内に返済をしないといけないことになっています。
質屋さんに預けるものというのは、あくまで担保であり、返済がないときにはお金に変わって質入したものをお店のものにすることによって弁済に供するわけなのであります。これを一般的に質流れといいます。
このようにならないためにも、なるべく早めに返済しないといけないのが質屋でのお金の借入の特徴です。ただし、質屋さんでも3ヶ月以内に全額返さないといけないわけではありません。

例外的に、利息分だけでも返済していくことによって返済期間を延長してもらうことが出来ます。
1月分なら1月延長、といったように、利息を払い続ければ無限に延長してもらうことが出来ますが、質屋の利息というのは基本的にキャッシングに比べると高いので、返済は早めに行ったほうがいいでしょう。

銀行系カードローンの魅力とは!?

個人向け無担保ローンといえば、消費者金融の独壇場という時代が長い間続いていましたが、現代の主流は銀行系カードローンです。

銀行は個人向けの融資ノウハウを持ち合わせていませんでしたが、過払い請求問題で経営難に陥った消費者金融を吸収合併していく際に、それを手に入れ、銀行系カードローンを世に出すに至りました。

その魅力は、なんといっても限度額の高さと金利の安さ。消費者金融より多くの金額を安い金利で手に入れられることは他に代えがたい魅力です。

信用力も大きな魅力と言えるでしょう。銀行の名を冠するカードなら、誰もが抵抗なく所有できるというものです。

ただし、そんなお得なカードローンといっても、無計画な利用はいけません。必要な金額だけを借入れ、速やかに返済していく基本は守りましょう。