キャッシングの利息は下がることがあります

何度も何度も同じキャッシング業者を利用していますと実績が積まれることになります。つまりは、信用度が高くなるわけです。これがどういう意味を持つのか、といいますと要するに金利が下げられる可能性が出てくるのです。或いは増額申請などが通ることもあります。

このように信用というのはとにかくキャッシングにおいてとても大事な要素であることをよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。最初は法定金利ギリギリであったとしてもどんどん利用することによって10%以下になった、ということもありえる話なのです。

但し、借り換えをしたほうが早い、ということもありますから、その点はそこまで固執する必要性はないでしょう。つまりは、最初から安いところは安い、ということもありえるわけです。もちろん、利用実績を重ねていくことによって金利が下がるパターンは確かにありますし、それは業者としても客の囲い込みという点において優れたやり方ですからかなり積極的にやってくれることもありますが、最初から余所から改めて借りたほうが良いこともありますから、よくよく検討したほうがよいです。

比較することは容易です。いくらで貸してくれるのか、ということを確認すればよいだけです。

キャッシングの利息について

銀行や消費者金融でお金を借りる時に注意したいのが利息です。利息は基本的に借りる額、そして金利で決まるものです。

金利は低い方が良いものですが、大抵の金融機関は何%から何%といった表記をしているため、具体的なパーセンテージは把握しにくい場合もあります。基本的に金利は同じ金融機関であっても借りているお金の額によって変化するものです。つまり金融機関だけでなく、借り方によっても変わると覚えておきましょう。といっても大抵のところは高額借りた時ほど金利が低くなるように展開しているものです。

また昨今の銀行や消費者金融では1週間から1ヶ月程度であれば無利息キャッシングのサービスを提供していることもあります。無利息キャッシングは文字通り利息がゼロのサービスで、金利が期間限定で0%のサービスを指します。期間の長いところなら180日間無利息といった金融機関も存在します。

ただしキャッシングサービスというのは審査に通過して初めて利用できるため、人によっては審査の方が重要になることもあります。

ちなみに、高い利息を支払った場合、それは過払いとなるケースが存在します。過払いは支払い義務のない利息で、弁護士に依頼すれば取り戻してもらえます。