『借り入れは必要な時だけ!不要な借金はしない』という方はカードローンは不向き?

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば繰り返し利用でき、利用の都度審査がないという利便性やスピード感があります。利用残高が無くても契約状態に出来るため、万が一に備えて契約することも可能です。
ですが、『借り入れは必要な時だけに限定したい』、『不要な借金は絶対にしない』、『いつでも借り入れ出来るのは不安』そして『収入の範囲内で生活する』といった方にはカードローンはあまりメリットがありません。

むしろ、これらの考えを持っている方は、利用する目的が定まった際にキャッシング契約を検討することになるため、利用目的が自由のカードローンよりも目的ローンの方がピッタリになります。
目的ローンや一括借り入れ後は返済のみになるローンの場合、金利はカードローンに比べると大幅に下がります。そのため、広告やインターネットCM、ホームページでの紹介に騙されないよう、先ずは目的ローンを優先して検討することがおすすめです。

また、カードローンの場合、契約状態になっていると本当に必要なローン契約の審査で不利になる可能性も高いため、借り入れ頻度が低いもしくは殆ど利用しないという方は契約を避けるのがベターです。持っていても利用せず、不利益になるものは利便性があるどころかデメリットでしかありません。