キャッシングをする際に大切な総量規制

少額を時々融資してもらう程度ならば気にすることはないのですが、特に高額の融資を希望する場合に抑えておかなければならないのが「総量規制」という決まりです。これは消費者金融などの貸付業者は借りる側の年収の3分の1以上のお金を貸してはならないという金融庁が定めた決まりになります。気軽に借りれるため、つい借りすぎてしまうことを防ぐ意味で定められています。

ですがお金が必要な理由はひとそれぞれなので、時にはそれ以上借りる必要がある場合もあると思います。そういった時は総量規制対象外となる銀行ローンなどから融資をしてもらうことが必要になります。また複数借入を1つにまとめる時などは総量規制対象外となるため、3分の1以上になっても審査に通ることがあります。

キャッシングの審査のときに過去の事故情報は信用情報機関で確実に分かる

キャッシングの審査においては信用情報機関に問い合わせて、本人の情報をチェックしますが、信用情報機関というのは、実は1つじゃなくて複数あります。だから、自分がどの信用情報機関に登録されているか?利用するキャッシング会社がどの信用情報機関に加盟しているか?というのが、1つ重要になります。審査においてチェックされるのは加盟しているところのみなので、たまたま自分が登録されていないところに加盟していたら、過去の事故情報などはバレないのか?と思うかもしれません。

しかし、そう都合のいいようにはなっていないのです。信用情報機関は複数あったとしても、どの信用情報機関にも登録されてしまう情報というのが一部あるので、それだけはキャッシング会社がどこに加盟をしていても、バレることになるのです。その中には過去の事故情報も含まれており、それを審査のときに知られないで済むということは通常は難しいと思った方が良いのです。当然、事故情報はキャッシングの審査のときにかなりかかわってきますし、どこの会社が調べても分かるので、そういう信頼を損ねる利用の仕方はできるだけ避けるようにしましょう。

どこからキャッシングをしようか迷ったら

お金に困った時に便利に利用できる消費者金融のカードローンですが、現在はカードローンのサービスを行っている企業が多くてどこから借りればいいか迷ってしまうことも多いと思います。安心して利用したいのであれば、大手がおすすめです。しっかりとしたサポートや利用しやすいサービスが多くあり借り入れから返済までをスムーズに行うことができるようになっています。

では中小企業のカードローンにはメリットがないかというとそうではありません。例えば大手で借り入れの審査に落ちてしまった方でも中小企業なら通ったということもあり、審査内容が緩くなっていることが多いです。またその他職場への在籍などがないので迅速な契約が可能になっていたりとメリットもあります。もちろん利息が高めだったりとデメリットもあるので、自分が利用しやすいところを見極めて使っていくことが大切です。

学生のキャッシング申し込みについて

一人暮らしの学生などは、突然の出費があったり友人との付き合いなどで出費がかさんでしまうことも多いと思います。いざという時に親に頼れない場合もあるかもしれません。そんな時に心強い味方になるのが消費者金融のキャッシングなのです。

学生でもキャッシングに申し込むことができるのかと思う人がいるかもしれませんが、実際には学生の場合でもアルバイトなどで毎月定収入があればキャッシングの審査を通過することができるのです。キャッシングには銀行のカードのキャッシングでも利用することは可能ですが銀行の方が消費者金融の審査よりもやや厳しいということがあります。

ですから急にお金が必要になった場合は消費者金融のキャッシングを申し込んでみましょう。本人確認書類さえ揃えていれば当日キャッシングも可能です。なるべく午前中にネットから申し込みをすることをおすすめします。

キャッシングは利息を押えることが肝心

キャッシングというのは利息がとても大事になります。そして、これは出来るだけ押えることができるのであれば、それにこしたことはないでしょう。それはよいことではあるのですが、どうすればよいのか、となるでしょう。その一つがなんといっても金利になります。少しでも金利が低いところから借りるということにしましょう。

どのくらいの金利出貸してくれるのか、ということを明記しています。それが実質年率というものであり、キチンと表示しないといけないことになっています。但し、何%から何%の間で、と表示されていますから、人によってそれが違うわけですから、上限金利のほうを見るようにしますと比較しやすくなるので覚えておきましょう。

学生時代飲み会前のキャッシング

大学生活、毎日のように飲み会の誘いがあった私。若さ故に、断る事も知らなかった為、どの会にも参加していました。アルバイトはしていましたが、バイト以外毎日飲み歩いていたら金欠が日常茶飯事。そこで頼ってみたのがキャッシング。正直、現金をこんなに簡単に借りれるとは思っていませんでした。

ATMからすぐに一万円札が出てくる仕組みに感動し、お金を借りている、という感覚がだんだん薄れていきました。ひと月の限度額はあっという間に使い果たし、アルバイトの給料が入ったら返済し、そしてまたすぐに借りる。そんな習慣がついてしまいました。今となっては危なっかしい思い出ですが、学生だからこその遊びも一生懸命だった苦く楽しい思い出。

キャッシングは金利だけで比較するのでなく利便性も大切

キャッシングは、総じて金利手数料で比較される傾向があります。確かに金利は、金融業者に対する明らかな手数料になります。その数字が低いか否かを基準に、キャッシングを選んでいる方々も少なくありません。

しかし比較基準は、それだけではないのです。金融業者の利便性なども、比較ポイントの1つになります。

例えば、アプリでサービスを利用できるか否かです。消費者金融などは、キャッシングを利用する為の便利なアプリを提供している事もあります。アプリで利用できる方が便利なので、比較ポイントの1つになるでしょう。

その他にも、地域という比較ポイントもあります。一部の地域に限定されるかどうかも、軽視できません。

このような利便性に関する要素も、キャッシングを比較する基準の1つになるでしょう。

おおよその返済目安を知りたいときには早見表を使おう

借金の返済をするときに、いちいち計算をするのがめんどくさくおおよその値段を知りたいなというときには

返済の早見表を見るといいでしょう。

これはおおよその金額で何年間の返済期間に対応して、一ヶ月に返していく金額と総額がわかるというものであり

これによっておおよその借金の返済するために必要な金額というのがわかるようになっているわけです。

一概に表で示した金額に当てはまらなくても、おおよその金額の算定はつきますのでこれによって面倒な計算をしなくても

借金の返済期間がわかるようになっているというわけです。

計算はめんどくさいけど、どれくらいの負担になるのかを知りたいときには、こういったものを利用すると楽でしょう。

増額の申し込みってどうやるの?

キャッシングを利用中限度額いっぱいまで利用してしまったり、買い物をして一括で支払いたいときなど、他のカードを作るよりは今もっているカードの利用枠を増額したいと思うときはよくあると思います。

基本的にはどのカードも増額の申し込みはできます。ただ誰でも申し込んだからと言って増額融資を受けれるわけではありません。

増額を受けるためにはある程度の準備が必要です。まず始めにカード利用直後は増額はできないと思ってください。

ある程度利用して、返済してというのを1年くらい続け信頼を得なければなりません。

利用直後すぐに増額をする人は使い方が荒く、今後返済をちゃんとしてもらえるか信用がまだない為です。

そして、返済の遅れは決してしてはいけません。少額でもコツコツ支払い遅れないことによって信頼が増します。

これらのことを踏まえ増額の希望を申し込んでみてください。

ただ消費者金融は年収の3分の1以上は借り入れができないので、自分が該当しないかあらかじめ確認し、もし申し込み時よりも給料および年収がアップしているのであればその旨を伝えると増額してもらえる可能性も高くなります。

それでも断られる方は諦めてください。

むやみやたらに申し込むと、本当にお金に困っていると思われ尚希望が通らなくなるので一度駄目でしたしばらく期間を置き、より信頼をしてもらえるような使い方をしてから再チャレンジしてください。

『借り入れは必要な時だけ!不要な借金はしない』という方はカードローンは不向き?

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば繰り返し利用でき、利用の都度審査がないという利便性やスピード感があります。利用残高が無くても契約状態に出来るため、万が一に備えて契約することも可能です。
ですが、『借り入れは必要な時だけに限定したい』、『不要な借金は絶対にしない』、『いつでも借り入れ出来るのは不安』そして『収入の範囲内で生活する』といった方にはカードローンはあまりメリットがありません。

むしろ、これらの考えを持っている方は、利用する目的が定まった際にキャッシング契約を検討することになるため、利用目的が自由のカードローンよりも目的ローンの方がピッタリになります。
目的ローンや一括借り入れ後は返済のみになるローンの場合、金利はカードローンに比べると大幅に下がります。そのため、広告やインターネットCM、ホームページでの紹介に騙されないよう、先ずは目的ローンを優先して検討することがおすすめです。

また、カードローンの場合、契約状態になっていると本当に必要なローン契約の審査で不利になる可能性も高いため、借り入れ頻度が低いもしくは殆ど利用しないという方は契約を避けるのがベターです。持っていても利用せず、不利益になるものは利便性があるどころかデメリットでしかありません。