キャッシングを利用する際の本人確認

はじめてのキャッシングでも安心!
http://valuelabo.info/cashing/

キャッシングを利用する際に必ず必要になる必要書類があります。それがが本人確認です。
本人確認とは氏名、現住所が記載された運転免許書、パスポート、健康保険証などのことです。

もし本人確認書類に記載された住所と現住所が違う場合には別の書類を提出する必要があります。

発行から6か月以内の国税または地方税の領収書、請求書、納税証明書または公共料金の領収書、請求書または住民票などが必要です。

この本人確認書類の提出方法ですが、3通りの方法があります。

インターネットで契約される方はカメラなどで本人確認書類を画像化したうえで送信します。
また郵送することもできます。

店頭窓口、無人契約機で契約する方は本人確認書類を持って行くだけで大丈夫です。

インターネット、店頭で無人契約機でといずれの方法で契約する際にも本人確認書類が必要になることを覚えておきましょう。
キャッシングを利用する時にはまず本人確認書類を用意しましょう。

即日融資を希望するなら消費者金融

誰しも、急な出費でどうしても今日明日にお金が必要といった経験はあるのではないでしょうか。
普段から蓄えがあれば良いのですが、そうそう都合よくお金を工面するのは案外難しいものです。

今日明日中というと、銀行で借りるにしても審査や書類準備に時間が掛かり、ほぼ不可能だと思います。
そんな時に便利なのが消費者金融のキャッシングサービスです。

消費者金融を聞くと、大半の方が敬遠しがちだと思います。何故なら、金利が高いというイメージが強いからです。

そもそも消費者金融のキャッシングでは担保や保証人は原則不要となっています。当然の事ながら、無担保ということは、最悪の場合は回収ができないリスクがあります。

即日融資を必要としている方の大半は、金銭的に余裕がない人が利用するケースが多いといわれています。
ですので最悪、貸したお金を回収できないといったリスクが存在するのです。

その分を補うためにも金利は高く設定されています。ただ一概に理由もなく金利を高くしているという事ではありません。
金利が多少高くても即日融資してくれるのであれば、借りる側にとっては非常に助かります。

ちなみに金利が高いといっても今では法の整備も整い、法外な利息を請求される事はありません。
大手の消費者金融はメガバンク系銀行のグループにもなっており、安心して利用できる環境になってきています。

キャッシングサービスの良い所は、時間的タイミングさえ合えば申し込んだその日に融資されるという事です。
当然審査に通過する事が原則ではありますが、過去に無茶な利用をしていなければ、ほぼ通過するといえます。

最近ではインターネット上で申し込みから振込まで完結する事が出来ますので、以前に比べ、わざわざ店舗や無人契約機に出向くことなく完結する事ができるのも良い点です。

これなら人目をきにせず利用できます。更には、初めて利用される方には、一定期間無利息キャンペーンを実施しているところもあり、金利が掛かることなく利用できるのも特徴です。

この様に消費者金融のキャッシングサービスは、しっかりとした返済計画があれば、無理なく利用できますので、急な出費に大変便利なサービスともいえます。